The emptydancehall

The emptydancehall

音楽好きが趣味で作ったブログです

新規購入

f:id:emptydancehall:20170401121257j:plain

70~80年代の古いオーディオの話ばかり掲載されてる雑誌、ステレオ時代の9号が出ました。

今回はトリオ/ケンウッドのFMチューナー、フェリクローム・テープのDUAD、レーザーディスクの開発、等、今時誰が喜んで読むん?っていう相変わらずマニアックな特集でした。

当時エアーチェックに明け暮れた人にとっては懐かしいアナログ式のFMチューナーですが、私は機器の値段が高くてとても買えず安いサンヨーのラジカセを使ってましたけどね。

その反動か、2000年代突入直後くらいにヤフオクで程度の良いのを入手して今でも時々使ってます。

この雑誌の良い所は当時の名器といわれる機器の設計に関わった人がご健在で、貴重なインタビューが色々と聞ける事でしょうか。

f:id:emptydancehall:20170401121347j:plain

今現在でもトリオの最高級機L-01TやKT-9900は凄く高くて買えません。

f:id:emptydancehall:20170401121538j:plain

毎回おなじみの鈴木英人氏イラストのカセットレーベルもオマケでついてます。

今回もこういう古いオーディオが好きな人にとっては面白く、読み応えがありました。

 

f:id:emptydancehall:20170401103643j:plain

記事を見て久々に電源を入れた我が家のチューナー、ラックスマンT-88V。

上のプリメインアンプ、L-85Vの調子が悪くて音は出してません。

f:id:emptydancehall:20170401103717j:plain

うちの受信環境は隣に3階の建物があるんでそんなに良くないです。

アナログ式のチューナーはチューニングメーターがあるのが良いですよね。

f:id:emptydancehall:20170401104431j:plain

こちらは時々使ってるトリオのKT-7700とKT-7500、70年代はじめ頃の製造なのに絶好調で動いてます。

KT-7700はFM専用、KT-7500の方はAMにも対応してます。

FMの音楽番組は昔みたいに活気がないんでエアーチェックはもうやってません、聴くだけです。

f:id:emptydancehall:20170401104038j:plain

シグナル&チューニングのメーターです。

最近はどうやって使うか分からんって言う人も出てきてますね・・・。

中に使われてるバリコンやこのメーターの部品はもう生産されてないようなんで今は作れない・・・というか作っても誰も欲しがらない?。

 

 

最近購入したブツの感想をそんなに書いてないです、そのうち本サイトでまとめて書きますんでちょっと待っててくださいね。

とりあえずそのうちの2枚です。

f:id:emptydancehall:20170225170508j:plain

ロディアス・ハード系が好きな人達に結構な人気があるアンルーリー・チャイルドの約7年ぶり?になる新作です、2014年にひっそりと出てた謎のミニアルバムを除くとこれで5作目でしょうか。

1作目と前作で歌ってたマーク・フリーさん(現在はマーシー・フリーさんに名前と性別!を変えてます)も引き続き参加されて伸びのある素晴らしい歌声を聴かせてくれてます、他も中心人物のブルース・ゴウディさんをはじめ前作と同じオリジナル・メンバーで作られてるようです。

内容は今までと同じで爽やかな楽曲が多くて聴きやすいです、躍動感のある前作も良かったですが個人的には落ち着いた曲が多いこちらの方が好みでした、同じメロディアス系のテンやハートランドハウス・オブ・ローズみたいなバンドが好きな人なら無条件でお勧めできます。

メンバー写真ではマーシーさんの存在感が強烈です、2~3作目では別の人が歌ってましたがこのバンドはこの人の声じゃないとダメだと思います。

www.youtube.com

 

 

f:id:emptydancehall:20170225170454j:plain

フロンティアーズ・レーベルの新作情報を見てたら強烈に80年代臭を漂わせるバンドがあったんで確認するとデンジャー・デンジャーのテッド・ポーリーさんとトリクスターのスティーヴ・ブラウンさんが結成したトーキョー・モーター・フィストというバンドでした、他のメンバーさんは色んなバンドに参加し過ぎてもうどれが本業か分かんないグレッグ・スミスさんとチャック・バーギさんです。

80年代のハードロックっぽい感じのメロディアス・ハードで、最近のトリクスターみたいにメタリックな印象ではなかったです、個人的には昔のデフ・レパードみたいな感じがしました。

テッドさんが特徴的な声をしてるんで全体的にデンジャー・デンジャーに似てます、楽曲はどれも80年代にMTVで流れたら大ヒットしそうなものばかりで「ここ」っていう所にちゃんと良いギターソロも入ってるしこういう音が好きな人には超おすすめのバンドです、これはいいものです!。

 

www.youtube.com

f:id:emptydancehall:20170402160801j:plain

メタル・チャーチが1989年に出した3作目に入ってた人気曲、フェイク・ヒーラーの2017年再録版がYouTubeオフィシャルにUPされてます。

マイク・ハウさんとクイーンズライクのトッドさんがデュエットされてました、マイクさんの顔芸は相変わらず味がありますね~。

これは今度出るライヴ作品のボーナス・トラックになるようです、買わないと!!。

www.youtube.com