The emptydancehall

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The emptydancehall

音楽好きが趣味で作ったブログです

新規購入

f:id:emptydancehall:20170212111104j:plain

スイスの老舗ハードロック・バンド、クロークスの新作はカバー曲集です。

クイーンやストーンズをはじめオリジナルの1曲以外みんなが良く知ってる楽曲で、ワンパターンでどのアルバムも同じみたいな酷い言い方をされてる人にもお勧めできる作品だと思います。

とは言ってもどの曲もクロークス以外の何物でもない感じになってるし、これがマイナーな曲のカバーだったらやっぱり同じじゃんって言われる(失礼)可能性もありますね。

色んなバンドを渡り歩いてるイメージのあるマンディ・メイヤーさんは今回も参加されてもう10年以上在籍してます、他は全盛期のメンバーさんにドラムが2014年に出たライヴに参加してたフラヴィオさんという人が居て前作同様トリプル・ギター体制で作られてるようです。

AC/DCっぽいところは相変わらずですが、私はこのバンドが大好きです。

f:id:emptydancehall:20170212111126j:plain

曲目を見ただけでファンの人なら音の予想が付くという・・・。

Krokus - Rockin' in the Free World - YouTube

Krokus - The House of the Rising Sun - YouTube

 

 

f:id:emptydancehall:20161210101933j:plain

去年の12月には入手してたのに感想書くのを忘れてたオーペスの新作です。

初期はフォーク・ギター入りの個性的なゴシックメタルだったのに今はほとんどプログレみたいになってます。

2011年のアルバム「ヘリテイジ」くらいからプログレ色を一気に増量して次の「ペイル・コミュニオン」では70年代趣味が濃厚になった上にオルガンまで入ってもうゴシックメタル・バンドとして聴けないくらい変貌してました。

今回もその延長上の作品で若干メタリックな音が戻って来てます。

個人的にはプログレも好きなんで新作も楽しめてますが、新旧ファンの評価はどうなのか気になります。

ゴシックメタル系のバンドという事で聴いてないプログレ好きさんは聴く事を強くお勧めします。

ヨーロッパ方面では大人気で有名音楽雑誌の表紙を飾るくらいのバンドなのに日本国内での扱いが小さいのは残念ですね。

私が買ったのは輸入盤ですがDVD付きの国内盤も出てるようです。

OPETH - The Wilde Flowers (OFFICIAL LYRIC VIDEO) - YouTube

OPETH - Sorceress (OFFICIAL LYRIC VIDEO) - YouTube

 

 

f:id:emptydancehall:20170206163240j:plain

 毎回出たら購入してるAOR AGEの第6号が出てました。

今回はジャーニーの「エスケイプ」35周年記念という事でデラックス版の発売に伴う特集だったりメロディック・ロック特集で相変わらずマイナーな渋い作品が載ってたり読み応えがありました。

特に色んなメロディアス・ハード系の作品に関わり続けるトミー・デナンダーさんのインタビューが面白かったというか、ここ数年は2~3か月に1回くらいの頻度でこの人の名前を聞くのに実際に写真を見るのは久しぶりだったり?。

 毎回読んでて思うのは、この雑誌って売れてるんかな~と・・・。

Journey - Don't Stop Believin' (Live in Houston) - YouTube

 

 

f:id:emptydancehall:20170210113241j:plain

ちょっと前に一部のコンビニ限定か何かで売られてたZARDのCD&DVDに書籍が付いたおなじみのアレが全国発売になりました。

全部集めると52巻になるそうで、集める気は全然ありません、安い創刊号だけ買ってどんな感じか確かめてみました。

 

ZARDに関しては本サイトで詳しく語ってるんで良かったら覗いてみて下さいね。

ZARD | The emptydancehall

f:id:emptydancehall:20170210113252j:plain

中身はCD、DVD、書籍です。

創刊号にはファンクラブ「WEZARD」に掲載のインタビューや泉水さんの訃報が全国ニュースになった時によく映ってた直筆の歌詞ノート他が載ってました。

 

f:id:emptydancehall:20170210113506j:plain

CDはリマスターされてるようで、全CDボックスに入ってた音源と同じだと思います、「負けないで」以下4曲のオリジナルとライヴVerの「君がいない」羽田裕美さんのピアノによる「マイフレンド」、あとはカラオケ2曲という全8曲でした。

 

f:id:emptydancehall:20170212183617j:plain

 ↑ 羽田裕美さんのピアノ・インストVerは2作目までしか買ってなくて、ここに入ってるベスト盤の為の録りなおしVerは持ってませんでした、コレの為だけに買うというのも何ですけどね。

第2巻は以前CDで出たオルゴールVerが入るみたいです、商売が上手いなぁ~。

f:id:emptydancehall:20170210113534j:plain

ほとんどこれが目当てで買った、DVDはデビューから2016年までを年表形式で追ったものに2006年に出たビジュアル・コレクションのDVDの内容を抜粋して編集したみたいな感じでした。

熱心なファンは今更な感じですが、30分くらいでZARDの歴史が辿れます。

f:id:emptydancehall:20170210113800j:plain

全部買ったらボックスや特典がもらえる応募券は異様に分かりにくい所に付いてます!、全部集める予定の人は間違えて箱を捨てないように注意です!。

 

全体的にはアシェットさん発売もの特有の金儲け臭さが満載です、内容に関してはZARDに対する「愛」が感じられる編集で好印象でした。

熱心なファンは特に未発表の音源が入ってるわけでは無いんで価格が高くなる2巻以降集める必要性は無いかも?。

これからZARDを聴こうというような人には、この内容を全部揃えるのは相当な労力を要するんで買っても良いかと思います、但し全巻そろえるとZARDのボックスセットが全種類買えるくらいのお金がかかるんで覚悟が必要ですよ(笑)。

「あの微笑みを忘れないで」- 2017 WEZARD EDITION - - YouTube

「かけがえのないもの」- 2017 WEZARD EDITION I- - YouTube

今年の2月6日は泉水さんの50回目のお誕生日、10日はZARDのデビュー26周年でした。